お化け屋敷「ひゅ~どろ」『さんぞくのくつ』

イベントごとに怖さが変わるお化け屋敷!

MOVIE

【5/26(土)オープン!】



ある山に山賊がいた。山賊とは、山の中で旅人を襲う追はぎのこと。
その山賊は裸足にも関わらずとっても足が速く、狙われた人は逃げても必ずつかまってしまう。
それもそのはず、実は山賊は三つ子だったのだ。
上から、伴蔵、伝吉、とん助という名の山賊の兄弟は、仲良く、助け合いながら暮らしていた。

さて、なぜ、彼らは裸足で生活しているかって?
それは亡き父の言いつけがあるからだ。
「いいか。わしら山賊は山への感謝を忘れてはいかん。大地を裸足で踏みしめるのだ。
靴を履くということは、山賊の心を失うということだ・・・わかったな?」

ある時、末っ子のとん助が山で薪を集めていると、一組のカップルを発見した。
いつもなら、食料を奪おうとするのだが、あいにくその日はとん助ひとり。
追はぎは諦めて帰ろうとしたのだが、とん助は少し様子を観察してみることにした。
カップルは、お揃いの靴を履き、二人で楽しそうに笑っている。
その光景は、山で生まれ育ったとん助には、あまりにもまぶしく輝いて見えたのであった。
「おらも、靴を履いて女の子とデートしてみたい...」

それからとん助は、都会の生活にあこがれるようになった。
追いはぎの時に、今までは要求しなかった服や靴を置いて行けというとん助。
それを見たふたりの兄は、不審がるのであった。

ある晩、ねぐら「ひゅ~どろ」でとん助はひとり隠れて追いはぎをした靴を試そうとしていた。
「ああダメだ。これは小さい、これは大きい...どれもぴったり合わない...」

その時、伴蔵と伝吉のふたりががとん助に声をかける。
「おい!てめえ、なにやってやがる!」

とん助は素直に理由を話したが、口論になり、ついに取っ組み合いの大ゲンカが始まった。
さすがは山賊、争いは尋常じゃない。
殺すつもりはなかったが、3人とも勢いよく手が滑ってしまいそのまま...

それ以来、このあたりでは靴を求めさまよう山賊と、それを拒む山賊の亡霊が出るという...

アトラクション情報

身長/体重制限

なし

年齢制限

5歳未満要付添

料金

300円

チケット種類

ワンデーパス

ひよこパス

小雨でもOK

上記以外の利用規定はこちら

スタッフおすすめポイント!

以前と違う!?期間限定のお化け屋敷を楽しもう!

遊園地の代表的アトラクションの一つ、お化け屋敷。よみうりランドのお化け屋敷は年に何度も内容が変わります!もちろん、怖さも変わりますよ。来るたびにかわるお化け屋敷、ぜひ全制覇してください!

関連アトラクション

クレージーヒュー・ストン

叫ばずにはいられない!

風を切って4Gの重力で打ち上がるクレージーヒューと日本初マイナス2Gの重力で一気に落下するクレージーストン。高さ60mのスリルとともに爽快感と浮遊感を体験してください。

アトラクション一覧

グッジョバ!!エリア

太陽の広場

らんらんエリア

フラッグストリート

ファミリーエリア

バンデットエリア

園外