LANGUAGE CHANGE
StoryNo.04

思わずシェアしたくなる宝石の輝き。
フォトジェニックスポット。

SPECIAL

世界中どこを探しても見つからない、ここだけの宝石色の輝き。自分だけの思い出にするのもいいけれど、やっぱり家族や友達とシェアしたい―
ここでは、そんな気持ちにこたえるフォトジェニックスポットをご紹介します。

まず1つ目は全長140mの「スパイラルパサージュ」。螺旋状に流れる光はそれだけでも絵になる美しさですが、おすすめは17:00から常時開催されるイルミネーションショー。さまざまな演出で表情を変えていく幻想的な輝きは、瞬きするのが惜しくなるほど。
一番のシャッターチャンスはすべての宝石色が輝く最高潮の瞬間。前もってカメラを構え、奥から光の渦が押し寄せてきたら連写してバッチリ収めましょう。

次に紹介したいのは光の並木道「タンザナイト・プロムナード」。こちらも人気のスポットですが、今年は青紫に輝く神秘的な木々と、初登場のボールタイプのイルミネーションでさらに華やかに。プロムナードの入口からゆるやかに上る坂道を仰ぐように撮影すれば、並木道がどこまでも伸びていくような、幻想的で奥行きのある一枚になります。

3つ目は今年の見どころのひとつ「ジュエリー・マウンテン」。高さ25mの雄大な姿は、まさにジュエルミネーションのランドマーク。その全貌が収まるギリギリの距離まで近づいて、仰ぐように撮影すれば、他では決して見ることのできない迫力満点の写真になり、その場の驚きや感動まで伝えることができます。

4つ目はピンクサファイヤ・タウンエリアの「レインボー柄の階段」です。雑誌の撮影でも使われている話題のスポットで、7色の段差と手すりの華やかなイルミネーションがとってもキュート。新色のミスティック・ジュエリーカラーに彩られた幻想的なジュエリータワーを背景に入れ、とことんカラフルに攻めましょう。一段一段のカラーがしっかり分かるように、明るさの調整には気をつけて。

最後は今年から初登場した「シルエット・ボーゲン」をご紹介します。ドイツのエルツ山脈地方に古くから伝わる、クリスマスに飾るキャンドルスタンドをアレンジした、SNS映え抜群のフォトスポットです。3つのエリアにそれぞれ違うテーマのシルエット・ボーゲンが置かれているので、すべて制覇して話題を独り占めしちゃいましょう。

  • TWEET
  • SHARE