LANGUAGE CHANGE
StoryNo.15

【ジュエルミネーションの楽しみ方:完全制覇篇】
宝石色の輝き満喫ルート

SPECIAL

全エリアをリニューアルした今年のジュエルミネーション。新たなスポットができ、楽しみが増えた一方で、一気にすべてを回りきろうとすると、ひとつひとつを楽しむ時間が取れない恐れも。

よみうりランドのおすすめは、じっくり時間をかけてジュエルミネーションを満喫すること。そこで2日間に分けて全エリアを楽しむ「宝石色の輝き満喫ルート」をご紹介します。

1日目は「ジェード・ガーデン」「タンザナイト・プロムナード」「アンバー・フォレスト」「ピンクサファイヤ・タウン」の4つのエリアを訪れます。

ジェード・ガーデンエリアでは、最初に大観覧車「ジュエリー・オーロラ」を目指しましょう。眼下に広がる宝石色の輝きと茜色の夕焼けが調和した美しさは、日が落ちると見ることのできない貴重な光景。これからどう巡っていくか、目の前に広がる景色を地図がわりに作戦を立てていけば、気分も盛り上がって、満喫する準備はばっちりです。

ジュエリー・オーロラから降りた後は、緑鮮やかな田園風景とカラフルなジュエリーボール・ワインツリーを楽しみつつ、「スターライトバンデット」へ向かいましょう。光り輝くコースターはこの時期だけの特別仕様で、スタート直後に吹き上がる炎の演出や、流星になって駆け抜ける体験は遊園地イルミならではの楽しさです。

2つ目のタンザナイト・プロムナードエリアは、17:30よりはじまる「ライトオンダンス」が必見です。1日に1回限りの、夜のよみうりランドのはじまりを告げる一斉点灯は圧巻。ジュエルミネーションを訪れる際は押さえておきたいイベントです。

タンザナイト・プロムナードからは、そのまま「スパイラル・パサージュ」に入るのがおすすめのルート。神秘的な輝きから一転、別世界に迷い込みそうな幻想的なイルミネーションに包まれれば、あなたはもうジュエルミネーションの虜に。

トンネルを抜けると、3つ目のアンバー・フォレストエリアに到着します。このエリアは造形物が少なく、シンプルなだけにジュエルミネーションの光のクオリティの高さを実感するのにピッタリです。

目玉のアトラクション「ジュエリー・オー」のクルクルと回転する紅葉のようなイルミネーションや「ジュエリー・フォークテール」の巨大な宝石イルミを楽しみつつ、ひとつひとつの輝きをじっくりと堪能してみましょう。

1日目の最後に訪れるのは、ピンクサファイヤ・タウンエリア。華やかなピンクのイルミネーションが輝く、夢のような街並みが広がっており、アトラクションも豊富です。中でもおすすめは、360度回転する絶叫アトラクション「ルーピングスターシップ」。ここから眺められる逆さイルミは、他のどんなイルミネーションスポットでもそうそう見ることのできない絶景です。

もうひとつ、「わんわんコースター わんデット」もおすすめです。一面に敷きつめられたイルミネーションのすぐ上を駆け抜けていく体験は1日目の締めくくりにもぴったりです。

2日目は「ブルーサファイヤ・ファウンテン」「ダイヤモンド・オーロラワールド」「トルマリン・ビーチ」「エメラルド・マウンテン」の4つのエリアを訪れます。

ブルーサファイヤ・ファウンテンエリアは、実はイルミを満喫する上で欠かせないアトラクションが数多く揃っており、その代表が「ev-グランプリ」です。宝石色に光り輝くコースを走れば、まるで未来のドライブを楽しむような体験が味わえます。

他にも「SKYパト」や「えんぴつタワー」など、上空からイルミネーションを眺められるアトラクションも盛りだくさんです。

2つ目のダイヤモンド・オーロラワールドエリアのおすすめはもちろん「噴水ショー」。こちらもスケールアップし、過去最大規模、国内屈指の3種類のショーが毎日15分おきに開催されます。中でも18:15~19:00の時間は、1日に2回しか開催されない「シルエット」を含め、すべてのショーを制覇できるので、あらかじめ予定を組んでおくのがおすすめです。

そして、昨年から開催したアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」も、新たなコンセプトの下、大きく進化します。アイスショーをテーマに、幻想的な光の演出とオーロラをイメージしたライティングが加わり、まるでフィギュアスケートのエキシビジョンを滑るような体験を味わうことができます。

3つ目に訪れるのはトルマリン・ビーチエリア。風のない日には、プールがまるで巨大な鏡のようになり、水面にもうひとつの光の世界を見ることができます。音楽に合わせて南国の雰囲気を演出する、常時開催の「イルミネーションショー」も楽しむのを忘れずに。

そして最後となるエメラルド・マウンテンエリア。見所は何といっても新メインスポット、「ジュエリー・マウンテン」です。

マッターホルンをイメージした碧色にきらめく巨大な光の山は、高さ25mと規格外の大きさ。裾野に敷きつめられた広大なイルミネーションの輝きも含めて、リニューアルを象徴するスポットです。

そしてジュエリー・マウンテンの中腹に広がるのがジュエリー・ゲレンデ。ここでは新アクティビティ「チューブスライダー」が楽しめます。無数のLEDが輝く光のゲレンデをソリに乗って駆け降りる今までにない「光と遊ぶ体験」は、ここでしか味わえない貴重なものです。

以上が、2日間で全エリアを制覇する「宝石色の輝き満喫ルート」です。

もちろん、ジュエルミネーションだからこその楽しみ方は、他にもまだまだたくさんあります。もっと知りたいという方はぜひ他の記事も参考にして、自分だけの理想のルートを見つけてみてください。

光るだけじゃない、眺めるだけで終わらない、ジュエルミネーションだからこその体験が、あなたを待っています。

  • TWEET
  • SHARE