LANGUAGE CHANGE
StoryNo.21

大観覧車から見られない?
幻想的な神々の会合。

SPECIAL

突然ですが、クイズです。園内で一番高い位置からジュエルミネーションを一望できる大観覧車ですが、その中から見られないものは何でしょう。

有名な“東京タワーにまつわるなぞなぞ”を思い浮かべた方、正解です。答えは「大観覧車」。当たり前のことですが、大観覧車に乗ると大観覧車そのものを見ることができないのです。
なぜこんなクイズを出したかというと、今シーズンの大観覧車はライトアップ演出を一新。「ジュエリー・コングレス」と名前も変わり、外からの眺めも見逃せない美しさになっているのです。

ポイントは、オリンポス12神を表現する光のグラデーション。神々のキャラクターをイメージしたアッパーライトの光色が移り変わり、まるでコングレス(会合)を開いているかのように、さまざまな神のイメージが変幻自在に描かれます。約60mの高さを目いっぱいまで使ったスケールと合わさり、まさに今年のテーマ「ジュエリー・オリンポス」の象徴とも言える壮大な美しさです。

この約7分のゆったりと幻想的な光のプログラムは、大観覧車のあるエリア「ヘパイストスの宮廷」の、燃えるように鮮やかなイルミネーションとのコントラストも抜群。エリアを訪れた際は光の対比にも注目して散策してみてください。

空高く、頂上からの絶景はもちろん、今年は地上からもじっくりと眺めて、大観覧車のすべてを満喫しちゃいましょう。

  • TWEET
  • SHARE