LANGUAGE CHANGE
StoryNo.33

【4/5(日)をもちまして、終了しました】
感動がつづく、
水と光が溶け合う2つの噴水ショー。

EVENT

波のプールを中心とした「ポセイドンの宮廷」で開催される噴水ショー「Greek Blue~エーゲ海の輝き」と「ラ・フォンテーヌ」。どちらもジュエルミネーションが誇る2大イベントであり、さらに今シーズンはスケールも過去最大。次々と噴き上がる噴水の立体的な迫力と中央のウォータースクリーンに映し出される映像、光と溶け合い輝く水の美しさは、きっとあなたの視線を捉えて離しません。

そんな2つの噴水ショーですが、演出は大きく異なります。キャッチコピーをつけるなら「Greek Blue」は“海洋神スペクタクル” 、「ラ・フォンテーヌ」は“正統進化”。さらに言うなら、今シーズンのテーマであるジュエリー・オリンポスと、10年間で積み重ねたジュエルミネーションの進化、その2つを表現しています。

「Greek Blue」は、ギリシャ神話第二の全能神であり、海洋の神として嵐や大波を引き起こす、ポセイドンを中心とした神々のストーリー。イルカや真珠、黄金に飾られた馬が引く戦車に乗り、サンゴと宝石で飾られた宮殿に住んでいたという伝承に基づいた、豪華でダイナミックな表現が魅力の壮大なスペクタクルです。

「ラ・フォンテーヌ」の見どころは、今回新たに登場する炎の演出。ライトアップされた精密な輝きとはまた違い、激しく立ち上る大迫力の光の柱は、心の奥底から突き動かされるような力強い感動をもたらします。雨の日にはレーザーによる演出も際立ち、こちらはまるでドームライブを見ているかのようなポップで華やかなショーへと変身します。
さらに12/14からの毎週土曜日の19:15の回は、1日1回限定の花火ショーを開催。2/15までの期間限定ですのでお見逃しなく。

そしてもう一つ忘れてはならないのがエリアそのものの輝き。ポセイドンをイメージしたアクア・ジュエリーカラーにサファイアカラーをミックスしたイルミネーションはこの上なく幻想的。2つのショーの合間に眺めれば、きっと感動の余韻をふくらませてくれることでしょう。

※画像の一部はイメージ、もしくは昨年の様子です。

  • TWEET
  • SHARE